グレープフルーツの酸味とディルが爽やかに香る冷製ペペロンチーニ

マリオ・フリットリ シェフ

フレッシュなグレープフルーツの酸味にスモークサーモンの味わいが絡んだペペロンチーニ。クリームチーズとディルがアクセントになった夏にぴったりの冷製パスタ。

材料(1人分)

【パスタ】

  • グレープフルーツ(白・ピンク) 各1/2個
  • スモークサーモン 40g
  • ディル(みじん切り) 適量
  • トマト(さいの目切り) 1/4個
  • 塩・白胡椒 適量
  • 白ワインビネガー 大さじ1/2
  • レモン 1/2個
  • オリーブオイル 大さじ1

【ソース】

  • 【仕上げ用】
  • グレープフルーツ(白・ピンク)
    ※分量内
    各4房
  • クリームチーズ(さいの目切り) 20g
  • ピンクペッパー 適量
  • ディル 適量
  • オリーブオイル 適量
  • 白胡椒 適量

Recipe Point

1.グレープフルーツは丁寧に下ごしらえ。房ごとにカットするプロの技

グレープフルーツ(白・ピンク)の皮をナイフで剥く。皮の繊維が残らないよう丁寧にカットし、房の境目に包丁を入れて房から実を切りだす。厚みのあるものは薄くするため、1/2にスライスし、形の良いものを仕上げ用に4つずつ残し、残りは1cm幅にカットする。

2.パスタを加える前にあらかじめソースを冷やしておくことがポイント

パスタを表示時間通りに茹でる。青の洞窟ペペロンチーニソースをボウルに入れ、 更に1.の1cm幅にカットしたグレープフルーツと、フルーツの房に残った果肉を絞って加える。塩・白胡椒、ピンクペッパーをふり、氷水を入れた大きめのボウルにつけて冷やす。

3.味を均一にするため、パスタとソースは手で混ぜよく馴染ませる

2.のボウルを氷水から一旦外し、茹であがったパスタ、1cm幅にカットしたスモークサーモン、みじん切りにしたディル、さいの目切りにしたトマトを入れ手でよく混ぜ合わせる。更に絞ったレモンの果汁、白ワインビネガーを入れ、オリーブオイル、塩・白胡椒を加え、再び氷水にボウルを戻して混ぜながら冷やしていく。

4.パスタの盛り付けにひと工夫を加え、印象をワンランクアップ

仕上げ用のグレープフルーツ(白・ピンク)をそれぞれバランス良く皿に飾る。菜箸などにパスタを巻き筒状にし、皿に盛り付ける。スプーンで具とソースクリームチーズをパスタの上に盛る。ピンクペッパー、1cm程に切ったディルを散らし、オリーブオイルを回しかけ、最後に白胡椒を振る。

Profile

マリオ・フリットリ氏  1966 年イタリア・ロンバルディア州パヴィァ生まれ。パスタの巨匠として知られる、アンジェロ・パラクッキ氏に師事し、 その後フレンチの巨匠ポール・ボキューズ氏のもと、料理の腕に磨きをかける。1987 年、ポール・ボキューズ氏がアンジェロ・バラクッキ氏と共に京都と心斎橋の 大丸にコーナーをオープンするのに伴い、来日。 1990 年再来日し、その後、東麻布の“イル・ピーロ”の総料理長に就任。 2002 年、独立して“リストランテ・ルクソール白金台”をオープン。 2008 年8月5日、西麻布にオーナーレストラン“マリオ・イ・センティエリ”をオープン。
イタリア人らしい美的センスと、フレンドリーな人柄で知られ、メディアにも多く登場。 現在、NHK の朝の情報番組、「あさイチ」に出演中。

マリオ・イ・センティエリ
東京都港区西麻布 4-1-10コンフォリア西麻布
tel.03-6418-7072
Lunch 11:30-14:30 (LO. 14:00)
Dinner 18:00-24:00 (LO. 23:00)
定休日: 日曜日 | Lunch 土曜日
http://www.mariofrittoli.com